PETAL in PHOTOGRAPH

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デジタルとアナログ

このデジカメの普及してる時代。
私はそれでもアナログなものを好んで、フィルムで撮ろうとしてしまう。

デジタルカメラとアナログカメラ。

どちらにも長所も短所もある。
でも経済的にやるなら、きっとデジタルだろうなぁと思う。
こんなに日常的に写真撮るのってお金かかるし。

だけれども、それでも銀塩処理にこだわるのはやっぱり私の好みなんだけど。
私はデジカメを持ってない。
いや、正確には一台持ってるけれど、それはMINOX DCC Leica M3というヤツで、おもちゃなので、実用性はそんなにないかなぁ。というもの。
なので、所有カメラは全部、銀塩。

最初に*istを購入した時も、もうデジカメブームが来ていた当初だった。
だけれども、全然見向きもしなかった。
まぁ、当初は200万画素が最高画質とかだったからなのかもしれないけれど。

人に結構聞かれたりするし、今でも撮影してるとご年配の方から話しかけられることが多い。
それは私がCanon A-1やASAHI PENTAX SVを使ってるせいもあるだろうと思う。
みんな口々に「懐かしいなぁ」って言うし、その後に必ず「デジタルはやらないの?」って聞かれる。
そう言った人たちはみな「デジタルに切り替えちゃって・・・管理も編集も楽だから。それを考えるとフィルムはちょっとね・・・」って言う。

今の時代は、数年前と違って画質の問題もさしたることじゃなくなってきてるし、デジタルカメラの方が断然にいいと思う。

私はデジカメを持っていないけれど、カメラ屋で必ずチェックするし、手に取って触ってみる。
やっぱりいいなぁ。と思うし、欲しいなぁとも思う。
もし、買えるならD200かR-D1が欲しい。
(予算的に無理な機種だけれども)

デジタルでも、レンズを色々試してみて自分の好きな表現力を探せるのだろうなぁと思うし、私の好きなSUPER TAKUMARだってアダプタさえ使えばデジタルにもイケるし。

だけど、私はお金をそこまで出してデジタルが欲しいと思わない。
個人的な感想なのだけれども。
コンデジは特に、なんだかペタっとした平面的な画格になる気がするし、機動力は買うが表現力が私の求めるところではなくて。。。

以前、仕事でデジイチを使っていた事がある。
人撮りなんだけれども。
確かに、すごく便利だと思う。
データ確認もその場で出来るし、テスト撮影なんかもすぐに確認して、その場で色々と手直し(機材の)が利く。
そうやって仕事で使っていくうちに、デジイチを買おうかなぁって思ってた時期も正直ある。


ラボプリンタの機械が新しくなって、機能が追加されたりする。
これはラボやお店の機械にもよるのだけれども、基本的にプリンタはデジタル処理になっているから、機械のバージョンアップが進めば進むほど、デジタル化の変化が目覚しく。

デジタル撮影したもののデータを紙焼きにする。

その時にふと思ってたりしていたことが、そのバージョンアップによって顕著になってしまった。

私は最終的に紙焼きをイメージしている。
いつだって、写真は写真。
紙焼きで仕上げたい。
ネット上でこうやってモニタを通して見る分には正直分からないことも多々あるし、画質とかよほどでなければ荒れないし。
でも、紙焼きはとてもシビアだから、どんな小さな変化も見逃せない。

デジタル処理。
画期的で、非常に素晴らしいものだけれども、とってもシャープになる。
当たり前のことだけれども。
これは、デジタル撮影に関しても、フィルム撮影に関してもデジタルプリンタ(ラボやお店は大半がこの処理)を通すことによって、少なからず、その機械のクセが出る。
これはずっとそういう仕事を過去にしてきたから、色々な機械を触ってきたし、焼き比べをしてきたから思うことだけれど。

バージョンアップって言っても、きっと普通に使用する分にはきっと変化がプリントを見るだけでは判断がつき辛いと思うし、「あ。なんだかいつもと違う?」って違和感を感じる人なら、スゴイと思う。
それぐらい、微々たる差なんだけれど、確実に技術は向上している。

それなのに、私はバージョンアップするごとの表現がどんどん嫌いになっていった。
デジタル撮影のデジタル処理は、益々シャープになっていく。
シャープな写真が嫌いなわけではないけれど、自分の表現したいものがそうでないから。

写真は粒子の集まりだ。
その粒子の一つ一つが非常にシャープになってしまう。

そのことに気付いてから、私はその仕事が嫌になってやめてしまった。
デジタルの時代に、デジタルの表現と、その処理がとても嫌になってしまったのだ。
デジイチを使うことも嫌だったし、撮影の後に機械に取り込んで、画像を見た瞬間のあのキモチの急降下。

きっと普通に紙焼きだけを見ていたらそこまでキモチはならなかっただろうと思う。
だけれども、自分で撮影して、自分で処理して、時にそれを加工する。
そのプロセスを一人の人間がやるものだったから、色々と悩んだりすることが出てきただろうと思う。
紙焼きを見て、『これじゃ、お金もらえないよ』って思ってたし、納得のいかないものを納品はしたくなかったし。
でも、クライアントさんはそういうの知らないから満足してくれる。
その温度差に耐えられなかったのかもしれない。

結局、その仕事を辞めてから私は3台のアナログカメラを買った。
その間、デジタルを買おうと思ったことは無いとは言い切れないけれど、フィルムの独特の色調と、柔らかい表現力が好きで、やっぱりフィルム撮影をしてしまう。

どんどん時代を逆行してゆくように、クラカメに手を出したりして。
自分の表現したいものを探すように機材を選ぶようになる。
納得のいく一枚を残すために。
そんなにお金はかけられないけれど、それでも少しでも自分の表現したい、自分好みの味を求めてしまう。

そうしているとどんどん私はデジタル離れしていってしまっている。
今は幸い、まだ私の望むカタチのものが市場にあるのだけれども、これもそのうち姿を消すのかもしれないなぁと思うと、変にあせりもあったりもするけれど。
でも、今はまだフィルム撮影の可能な時代なのだから、出来る限り、ずっとフィルムで撮影し続けたいと思う。

何より、ファインダーを覗いて、シャッターを切る瞬間の、あの、フィルムに「焼き付ける」瞬間がとても好きだから。

Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cotona.blog120.fc2.com/tb.php/44-49a120c0

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

cotona

Author:cotona
*** another side ***
写真 + 本 + 音楽 + 映画 つぶやきブログ
PETAL in PHOTOGRAPH
All MY ITEMS ARE INTRODUCED


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。