PETAL in PHOTOGRAPH

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感度

今までヒトに聞かれて、嘘を答えてたね、私。
すみません。
ちょっとした事を調べてて、間違いが判明です。

ASA感度、ISO感度について。

えっと正式には1983年に「ISO感度」統一らしいです。

(私の勘違いの原点なんだけど、ASAが日本のJISに相当するものという認識で、まんま間違えてました。。。ちなみに現在はそれ自体がASC?に変わってますが・・・)


それより以前は、ASA(米国基準)とDIN(欧州基準)とがあって、それぞれ表し方が異なっていて、ASAは現行ISOの感度表記で100、200、400と倍刻みで表記。
で、DINが21、22、23刻みで表記。
(ASA100=DIN21)

基本、感度が倍になるごとに絞りを1段絞って(or シャッタースピードを1段速くする)撮るものとされている。
まぁ、私はソレに倣って撮る事は少ないですが。。。


まぁ、別にこんな事を知らなくたって大丈夫だけどね。。。
『ASA=ISO』
の認識だけでOKだと思う。笑

ちなみに。
ASA=American Standard Association
DIN=Deutsche Industrie Norm
ISO=International Organization for Standardization


フィルム使う人は分かると思うけれど。
フィルム本体に感度表記ってされてるよね。
その表記が名残。
(これだけは知ってた。笑)
『ISO 100/21°』とかって感じで書いてあるはず。(PARADEは表記なし)ASA/DIN感度という併せ表記になってます。

ちなみに。フィルム本体に表記されているもの。
他だと、C-41とかCN-16とかE-6とか。
カラーネガフィルムを総称してC-41と呼ぶけれど、CN-16もカラーネガフィルムで、これはフジ表記の一部。
で、E-6がカラーリバーサル。
これらは現像処理の呼び方。
まぁ、でもコレ知っておくと結構、便利。
使い慣れないフィルムとかあったり、逆にラボ出しした時に、店員さんがフィルム判別できない時でも、「C-41」表記があればカラーネガ現像でOKだから、強気にイケます。笑

ということで。
私の勘違いで、違う情報を今まで与えてしまった方々へ。。。

すみません。
これを読んでくれてるといいですが・・・・


Comment







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://cotona.blog120.fc2.com/tb.php/84-a82f5352

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

プロフィール

cotona

Author:cotona
*** another side ***
写真 + 本 + 音楽 + 映画 つぶやきブログ
PETAL in PHOTOGRAPH
All MY ITEMS ARE INTRODUCED


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。